MENU

WordPressのEmbed機能利用時の注意点【ブロックされたリソース】

2020 4/02
WordPressのEmbed機能利用時の注意点【ブロックされたリソース】

先日、グーグルのSearch Consoleにブロックされたリソースという表示がでていました。特にブロックしたつもりはなかったので不思議に思いよくよく調べてみるとEmbed機能によるものと判明・・・ネットで調べてもこの症状は出ていませんでしたので同様に困っている方もいる人向けに記して置きたいと思います。

 

目次

ブロックされたリソースとは


グーグルのSearch ConsoleのブロックされたリソースとはGoogle botをブロックしたページのことです。Google botはGoogleの検索エンジンを作るためにいろんなサイトを巡回するロボット(ソフトウェア)のことで、ブロックしていればそのページはインデックス登録されないでしょうから検索から来てくれる人が皆無となってしまいます。検索から来てほしくないページに自分からGoogle botのブロック設定をすることはありますが、それ以外のページがブロックされている場合はチェックした方がよいでしょう。

ブロックされたリソース

ブロックされたページを知る

ブロックされたページはSearch Consoleで

Googleインデックス→ブロックされたリソース→ホスト→ブロックされたリソース→ページ

とみていけばわかります。

 

ブロックされた内容

私のページの場合は下記のワードプレスのロゴがブロックされていました。

これはWordPress初期設定でブロックされている管理画面に入っているロゴです。

なぜこれが???と思いましたがすぐ理由がわかりました。Embed機能の影響だったのです。

ワードプレスロゴ

 

WordPressのEmbed機能とは


WordPressのEmbed機能とはWordPress4.4から導入された機能で、埋め込み用コードを取得するための統一規格(API)です。TwitterやYoutubeでも採用しています。URLを記載するだけで下記のようなEmbedカードで表示されます。

あわせて読みたい
個人事業主は入らないと損!個人型確定拠出年金(iDeCo)と小規模企業共済
個人事業主は入らないと損!個人型確定拠出年金(iDeCo)と小規模企業共済今更ながら確定拠出年金(iDeCO)と小規模企業共済に加入申請しました。 これは個人事業主や小規模事業をやられている方は入らないと損なかなりお得な商品です。今回はこの二つの商品についてお話ししたいと思います。

 

ブロックされた理由

上記の赤い印で付けたロゴはワードプレスの設定にあるサイトアイコンです。もしここになにも設定を入れていない状態だと

ワードプレスロゴ

が表示されます。別にこのロゴでも問題ありませんが、このロゴはWordPress初期設定でブロックされている箇所に保存されていますので、Google botをブロックしてしまうのです。

 

まとめ


特に必要ないと感じられるかもしれませんが、思わぬところで影響があります。ワードプレスの設定にあるサイトアイコンは登録しておきましょう

読んで頂きありがとうございます

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)。財務面のみならず、WEBマーケティング、人事、労務、価格改定、管理会計など経営全般の改善を行うコンサルティングを行っている。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ700箇所以上、25,000人以上、47都道府県すべてで登壇実績があり難しい制度をわかりやすく伝えるセミナーには定評がある。また、金融系WEBサイトを新規で立ち上げ、企画から制作、運営まで一人で行い年間1,000万を超えるアクセスを集める人気サイトに育てるなど幅広く活躍している。

目次
閉じる