MENU

Amazonでソフトウェアを購入すると50%還ってくるIT導入補助金とは

数年前から始まったIT導入補助金。

少しずつ内容は変わってきていますが、今年も先日から募集が始まりました。

今回のIT導入補助金で注目なのはAmazonでも利用できるようになったことです。

これはかなり便利になりますね。

今回はIT導入補助金について見ていきます。

目次

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは中小企業や小規模事業者等がITを導入しやすくするために数年前から実施されている補助金です。

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
出典:IT補助金2019 「事業概要」より

中小企業・小規模事業者はIT化がかなり遅れているという話もありますのでこれによりよりITの導入を進めるのを目的としています。

IT導入補助金の対象者

IT導入導入補助金の対象者は中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)となっています。

なお、個人事業主も対象です。

具体的には以下の表に当てはめて資本金、従業員規模の一方がそれ以下の場合が対象となります(個人事業主含む)

業種 資本金(資本の額または出資の総額) 従業員数(常勤)
製造業、建設業、運輸業 3億円 300人
卸売業 1億円 100人
サービス業 5,000万円 100人
小売業 5,000万円 50人
ソフトウェア業、情報処理サービス業 3億円 300人
旅館業 5,000万円 300人
ゴム製品製造業 3億円 900人
その他の業種 3億円 300人

IT導入補助金の対象となる経費

対象となるのは以下の経費です。

ソフトウエア費、導入関連費等

具体的なITツールの種類は登録制となっております。

その中から選ぶ感じですね

多くのITツールが登録されています。

こちらで検索が可能です。

>>IT導入支援事業者、IT導入ツール検索

注意:ITツールの購入は採択・交付決定後のみが対象

よく勘違いしてしまう方がいるのがITツールの購入のタイミングです。

IT導入補助金の対象となるのは書類を提出して審査を経て「採択/交付決定」の通知を受けてからです。

そこからIT導入支援事業者との契約・購入をする必要があります。

先に買ってしまったり、契約していると補助金が受けられない可能性がありますのでご注意ください。

軽減税率対策補助金はその逆で先に購入してあとから申請ですから間違えないようしておきましょう。

IT導入補助金の上限、下限、補助率

補助金はツールの内容によりA類型とB類類型の2つのパターンがあります。

補助額はそれぞれ

A類型は40万円〜150万円未満
B類型は150万円〜450万円未満

となっています。

また補助率は1/2以下

つまり対象経費の半分が還ってくるということになります。

ちょっと厄介なのが下限の存在です。

補助金が最低40万円ってことですから80万円分はITツール買わないと申請できないということになります。

なお、サブスクリプションなど利用期間設定があるソフトウェアの場合、最大で1年分が補助金申請対象となります

IT導入補助金のスケジュール

IT導入補助金のスケジュールは以下のとおりです。また2次公募が7月中旬以降に予定されています。

A類型

交付申請期間:2019年5月27日(月)~2019年6月12日(水)

交付決定日:2019年6月26日(水)

事業実施期間:交付決定日以降〜2019年12月24日(火)

事業実績報告期間:交付決定日以降〜2019年12月24日(火)

B類型

交付申請期間:2019年5月27日(月)~2019年6月28日(金)

交付決定日:2019年7月16日(火)

事業実施期間:交付決定日以降〜2019年12月24日(火)

事業実績報告期間:交付決定日以降〜2019年12月24日(火)

IT導入補助金の手続きの流れ

IT導入補助金は以下の流れで手続きを行います。

IT導入導入補助金事業への理解

まずはIT導入補助金の公募要項などを読み内容を理解します。

>>IT導入補助金公募要項

>>IT導入補助金交付規定

ITツール、IT導入支援事業者の選択

次にどの自社の業種や経営課題からどのITツールを選定

どこのIT導入支援事業者から導入するのかを選択します。

なお、IT導入支援事業者とはIT導入補助金の事務局に登録した対象となるIT業者のことです。

>>IT導入支援事業者、IT導入ツール検索

SECURITY ACTIONの宣言

次にSECURITY ACTIONのホームページ上で「★一つ星」または「★★二つ星」セキュリティ対策の自己宣言を行います。

簡単に言えばセキュリティちゃんと守りますってことですね。

自己宣言ですから難しくはありません。

>>SECURITY ACTION

交付申請

IT導入支援事業者との間で商談を進め、交付申請の事業計画を策定します。

主な流れは以下のとおりです。

  1. IT導入支援事業者から『申請マイページ』の招待を受け、代表者氏名等の申請者基本情報を入力する。
  2. 『申請マイページ』上で「経営診断ツール」を使用し経営診断を行う。
    診断結果を確認した後、交付申請に必要となる情報入力・書類添付を行う。
  3. IT導入支援事業者にて、導入するITツール情報、事業計画値を入力する。
  4. 『申請マイページ』上で入力内容の最終確認後、申請に対する宣誓を行い事務局へ提出する。

難しいことが書いてあるようですが実際にやってみると簡単なことばかりです。

交付決定後、ITツールの発注・契約支払い

交付申請を完了し、事務局から「交付決定」を受けた後に、ITツールの発注・契約・支払い等を行います。

実績報告・補助金交付手続き

補助事業の完了後、実際にITツールの発注・契約、納品、支払い等を行ったことが分かる証憑を提出します。

その後、補助金額が確定すると、『申請マイページ』で補助額を確認できるようになります。その内容を確認した後に補助金が交付されます。

事業実施効果報告

最後に期限内に実施効果を報告をします。

補助金のもらえるタイミング

また、補助金のもらえるタイミングにもご注意ください。

IT導入補助金は導入、支払い後にあとから申請してもらえる感じになります。

つまり、一旦自腹で全額購入する必要があります。

その点は事前に認識しておきましょう。

IT導入補助金にAmazonが参入

今回のIT導入補助金からAmazonが参戦しています。

Amazonで対象ソフトウェアを購入される予定のお客様を対象に、補助金の申請および受領のサポートなど(以下「本サポートプログラム」といいます。)を実施いたします。
出所:Amazon「IT導入補助金申請サポートプログラム」より

今までは対象となるIT導入支援事業者はBtoBのIT企業が中心でしたが利便性の高いAmazonで利用できるのはありがたいですね。

ちなみにAmazonで対象となるのは合計550種類以上のソフトウェアが対象となります。

※最低2種類のカテゴリーのソフトウェアを組み合わせて合計購入金額が税抜きで80万円以上300万円未満が、Amazonでの補助金申請サポートの対象です(オプションも含む)

IT導入補助金まとめ

今回は「Amazonでソフトウェアを購入すると50%還ってくるIT導入補助金とは」と題してIT導入補助金について見てきました。

今回からAmazonが対象となったことで使い勝手がだいぶよくなりましたね。

IT導入補助金についてIT関連のツールを導入する予定のある方はぜひご利用をご検討ください

最後まで読んでいただいてありがとうざいます。

読んでいただきありがとうございました。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)。財務面のみならず、WEBマーケティング、人事、労務、価格改定、管理会計など経営全般の改善を行うコンサルティングを行っている。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ700箇所以上、25,000人以上、47都道府県すべてで登壇実績があり難しい制度をわかりやすく伝えるセミナーには定評がある。また、金融系WEBサイトを新規で立ち上げ、企画から制作、運営まで一人で行い年間1,000万を超えるアクセスを集める人気サイトに育てるなど幅広く活躍している。

目次
閉じる