出費の痛みを減らす(クレジットカード編)

クレジットカードを

前回は出費痛みを減らす一つ目の方法として

セット販売をご紹介しました。

また

出費の痛みを感じやすい

出費の痛みを感じにくい

業態をそれぞれご紹介しました。

今回は出費の痛みを減らすもう一つの方法として

クレジットカードの活用をご紹介したいと思います。

クレジットカードは、現金を使う場合に比べ

出費の痛みを大きく減らすことができます。

それは、

実際にお金を触らないこと(預金からの引き落とし)

支払いが後払になること

が影響しています。それによりお金を使ったという感覚

つまり、出費の痛みを大幅に減らすことができるのです。

そのため、クレジットカードを使い過ぎての自己破産なども

一時期問題になっていました。

このようにクレジットカードを活用することで出費の痛みを減らし

購買を促進したり、単価のアップに貢献したりすることができます。

後払いや分割払いにも同様の効果があります。

某テレビ通販番組が分割払いを大きくうたっているのは

この効果を狙っているのでしょう。

とはいえ、クレジットカード決済を導入するのは敷居が高いじゃん。

と思われるかたも多いと思います。最近はスマートフォンを利用した

square

のような簡単にクレジットカード決済を取り入れるサービスもありますので

検討してみるのもいいでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsiru7をフォローしよう!

関連記事

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 補助金申請
  2. 省エネ
  3. キャリアアップ
  4. 詐欺
  5. huluお詫び
  6. 確定拠出年金
  7. 留守番電話
  8. スマホでクレジットカード決済する(スクエア)
ページ上部へ戻る