プレミアム商品券の取り扱い前にぜひ知っておきたい人間の心理

電子申告

プレミアム付き商品券活用セミナーのご依頼がありましたので、

今回はプレミアム商品券の取り扱いをする前にぜひ押さえておきたい

人間の心理面のお話をしてみたいと思います。

 

昨日100,000円で売っていたパソコンの購入を決めて店に

買いに行ったら値段が110,000にあがっていた・・・

これと同じような経験がある方も多いと思います。

逆に昨日100,000円で売っていたパソコンの購入を決めて店に

買いに行ったら値段が90,000に下がっていて得したというような

経験がある方も多いと思います。

得したと損をしたの違いはありますが

前者と後者どちらも10,000の差です。

しかし、人間の心理的にはこの二つに大きな差があると言われています。

 

先に結論からお話しておきますと人は

損の方がより感じやすい

のです。

 

先ほどの例でいけば10,000円得したケースと損したケースがありました。

もし、同時にそれが起こったとしたらどうでしょう?

プラスマイナス0ですので得も損もしていません。

しかし、心理的には10,000損したという気持ちの方が強く残ってしまうのです。

 

実は今回発売されるプレミアム付き商品券もこのことを押さえておかないと

マイナス効果となりかねないのです。

たとえば、既存客がプレミアム付き商品券の存在を後から知って

プレミアム付き商品券を使っておけば・・・・と感じてしまえば

既存顧客の心には大きな痛みを生じてしまいます。

そうなればもしかしたらお店から離れていってしまうかもしれません。

 

つまり、それを防ぐためには、

既存客が損したと感じさせないような方策を取る必要

があるのです。

 

まだまだプレミアム商品券の存在は消費者には知られていません。

既存客にはあらかじめ連絡しておくなどのフォローが考えられるでしょう。

また、もし存在を知っていたとしても、より有効に活用する方法を

提案してあげる必要もあるでしょう。

プレミアム商品券はどちらかというと新規顧客獲得のための方策ですが、

既存客が損したと感じさせないというフォローも合わせて

必要だということをぜひ押さえておきましょう

 

まとめ

得したと感じさせるより、損したと感じさせない方が大事である。

 

お問い合わせ

プレミアム付き商品券についてのセミナーも承っております。

メールもしくは電話での初回相談は無料!

どんな些細なご相談でも結構です。お気軽にお問い合わせください。

btn_mail_l

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsiru7をフォローしよう!

関連記事

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 留守番電話
  2. 格安SIMと猫
  3. クレジットカード
  4. 電子申告
  5. 天気予報
  6. 小規模企業共済
  7. 岐阜県産品海外販売プロジェクト
ページ上部へ戻る