ミスチルの新アルバム「REFLECTION」に見る価格の重要性

価格の重要性

6月4日にMr.Childrenの新アルバムが2年7ヶ月ぶりに発売されます。

楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

私もNakedの方を予約しております。

さて、この新アルバム「REFLECTION」は新しい価格体系となっています。

今回はこのアルバムの価格を例に価格の重要性を考えてみたいと思います。

 

まず、このアルバムは以下の価格体系となっています。

REFLECTION{Naked}完全限定生産盤(CD+DVD+USB) 9,000円

REFLECTION{Drip}初回盤 3,213円(初回盤)

REFLECTION{Drip}通常盤2,913円(通常盤)

(すべて外税)

の3種類となっています。

このうち、REFLECTION{Drip}は今までのアルバムと同様の価格設定の内容です。

 

REFLECTION{Naked}はREFLECTION{Drip}にプラスして

未収録曲の新曲が入ったUSB、ハイレゾ音源、写真集、デモ音源など

ファンにはたまらない追加特典がついています。

つまり、ファン向け商品です。

 

さて、ここで価格設定をもう一度見てみましょう。

今回は通常の価格のREFLECTION{Drip}と

ファン向けで価格が3倍近いREFLECTION{Naked}

の2種類(通常盤、初回盤はそれほど価格差がないため考慮しません)です。

 

CDが売れなくなっていると言われて久しいですが、

その辺りも考慮して価格改定に伴う利益の変化を見ていきたいと思います。

まず、CDの売り上げは10年前と比較して半分近くに落ちています。

前回のミスチルアルバム「(an imitation) blood orange」の出た2012年と

昨年2014年を比較してもCD全体の売上でアルバムで24%近く落ち込んでいます。

2年で24%の減少はCDビジネスが崩壊する可能性のある

異常事態であるといえるかもしれません。

ミスチルも例外ではありません。

直近のシングルの売り上げは2012年発売の祈り(27.5万枚)から

2014年発売の足音(17万枚)へ大きく落ち込んでいます。

 

ミスチルの前回シングルから足音への売り上げの落ち込みを勘案した

比率で今回のアルバムの売上を予想すると

前回のアルバム「(an imitation) blood orange」が76.5万枚ですので

47.3万枚くらいとなります。

 

ではこの場合、利益はどうなるのでしょうか?

アルバム製作の際に会社に残る直接の利益(貢献利益)は40%前後だと言われています。

 

つまり、前回のアルバムでの利益は、

76.5万枚×3,000円で22億9500万円が売り上げで、

そのうち40%が利益ですので9億1800万円となります。

 

では、47.3万枚へ売り上げ枚数が落ちた場合はどうでしょう?

仮に前回と同様にすべて3000円のアルバムだとすると売上は14億1900万円となります。

そのうち40%が貢献利益ですので5億5760万円となります。

 

ここから従業員の給料や家賃などのCDの売り上げの上下に関係なくかかる固定費を引くことになります。

金額が公表されてませんので仮に5億円だとすると(商品もこれしかないとして)

利益は前者が4億1800万円、後者は5760万円の利益となります。

つまり、売り上げ枚数の減少で利益が減るのは3億6040万円となります。

 

では今回の価格のような価格体系にした場合はどうなるでしょう?

NakedとDripの比率がわかりませんので仮に半々としてみましょう。

利益率も40%と仮定します。Dripは2つの価格がありますが分かりやすくする

ために3000円とします。

この場合、それぞれの売上は23.65万枚ずつとなります。

Nakedの売上は23.65万枚×9000円 21億2850万円

Dripは23.65万枚×3000円 7億950万円

合計の売上は28億3800万円

貢献利益が40%ですので11億3520万円となります。

固定費は変わりませんので5億として6億3520万円の利益となるのです。

 

あくまでシングルCDの落ち込みと同じくらい今回のアルバムの売上が落ち込み

NakedとDripの比率が半々、利益率もNaked、Dripとも40%として、

固定費を5億として、カラオケなどその他の売り上げを考えず、

の仮定の計算ですが売上数が大きく落ち込んでも利益は前回のアルバムより多くなるのです。

もちろん価格の値上げによる売り上げ減少も考慮する必要はあるでしょうが

ファンが根強いミスチルならそれほど落ちないでしょう。また曲数が増えていること、

ハイレゾ化などうれしい特典も多いですから反発は少ないと思われます。

また、Dripという普通の価格の商品もあることも大きいでしょう。

そのため、価格を上げたことによる売り上げ減は少ないと予想しています。

 

ちなみに今回のアルバムが38万2千5百枚の売上でNakedとDripの比率が半々の場合で

利益額が前回の「(an imitation) blood orange」と同じとなります。

 

価格を上げることで大きな売り上げ減少となっても利益を減らさずに耐えることができるのです。

様々な仮定に基づいていますので正確なことはわかりませんが、

今回のMr.Childrenの新アルバムの価格戦略はCDという媒体の落ち込みから考えても

企業の利益という観点からみれば正解のやり方だと思います。

 

今回はCDアルバムで計算してみましたが他の業界も同じです。

価格を上げることさえできれば、仮に売上数が落ちたとしても

利益を上げることができるケースは多いです。

ぜひ一度自社のケースで算定してみてください。

 

今回のまとめ

価格を上げることさえできれば売上数量が大きく下がっても利益を確保、もしくは増やすこともできる。

 

お問い合わせ

メールもしくは電話での初回相談は無料です!

どんな些細なご相談でも結構です。お気軽にお問い合わせください。

btn_mail_l

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. クレジットカード
    軽減税率対策補助金(通称レジ補助金)が始まりました。http://kzt-hojo.jp/…
  2. 紛争
    ここのところ、昨年書いたアリババ(AliExpress)の記事のアクセスがとんでもないことに…
  3. 名刺
    4年前の開業時にデザインし、増版を繰り返してきた名刺を在庫切れ&社会保険労務士や1級販売士の…
  4. ケータイゲーム
    前回は出費の痛みを感じやすい業態としてガソリンスタンドを紹介しました。出費の痛みを意識してみ…
  5. Coco壱番屋が産業廃棄物として排出したビーフカツをその処理を依頼された産業廃棄物処理業者が不正に転…
ページ上部へ戻る