withingsのSteel HRはスマートウォッチの最適解である

steel HR

久々のブログとなってしまいました。

ようやく仕事が落ち着いてきましたのでブログを再開したいと思います。

今回は1月終わりに発売されたばかりのwithingsのスマートウォッチSteel HRについて

昨年買ったHUAWEI WATCHと比較しながらレビューしたいと思います。

 

Withings Steel HRとは

withingsとはフランスの家電メーカーです。

特に健康家電に力を入れており

日本でも体重計がよく売れています。

私も3年ほど前からココの体重計を使っており

ファンです。

日本のそれと比較しスマートにスマホと連携するのです。

Steel HRはそのwithingsが出したスマートフォンで

4代目となります。元々デザインには定評がありましたが

機能がどうしてもすくなく購入に至っておりませんでした。

そこで今回、前作までとの違い心拍数の計測と通知機能がついた

ので飛びついてしまいました。

Huaweiwatchとは

この商品の特徴としては

・丸型ディスプレイ(下の欠けもなし)

・サファイアガラス

・Android Wear

・心拍数がはかれる

ことが挙げられます。

発売から1年近く経ちましたが、

これを満たしているのは私が知る限りASUSのZenWatch3くらいでしょう。

(これはさらに光センサーもついており非常に魅力的な商品)

Huaweiwatchとの比較:電池持ち

Huawei watchの最大の弱点が電池持ちです。朝でかける時点で満タンでも

画面を常時点灯させてると家に帰る頃には一桁%となってしまうこともザラでした。

そのため不要なときは常時点灯を消したり、通知を絞ったりしておりました。

アップルウオッチもそうですが、画面常時点灯していない時計はあまり意味がないです。

せめて常時点灯、通知フルで1日もってくれればスマートフォンと同様の扱いができるのですが・・・

その点Steel HRはすごいです。カタログスペックだと一度満タンに充電すると25日持ちます。

実際、購入後まだ一度も充電していません。

そのため実際そこまで伸びるかはわかりませんがかなりのものだとは想定できます。

これはHuawei watchなどは大きな画面に時計などを映像として映しているのに対して

Steel HRはアナログ時計に小さな画面があり必要最小限のデータを映しているという違いがあるためです。

好みはあるでしょうが、時計として考えるならばこの電池持ちの差は大きいです。

電池持ちまとめ

Steel HR:25日

Huawei watch:1日

Huaweiwatchとの比較:心拍数計測

次に心拍数計測です。

Huawei watchは基本的に自分で計測ボタンをおした時に心拍数が計測されます。

アプリで定期的に計測できるものもありますが、電池の消費が半端ありません。

Steel HRは基本的に10分毎に自動計測、運動を検知すればそこからは常時計測となります。

この点はSteel HRがだいぶ上でしょう。

ただ、Huawei watchの方が良い点もあります。

それはサードバーティのアプリで心拍計として使えることです。

Runtasticなどのランニングアプリで心拍計として認識しますので情報の一元化ができます。

対してSteel HRは現状、他のアプリで心拍計として認識しないようです。

アップデートなどで改善を希望します。

心拍数計測まとめ

Steel HR:10分(運動時常時)、他のアプリで心拍計として使えない
Huawei watch:手動(アプリを使えば常時も可能)。他のアプリで心拍計として使える

Huaweiwatchとの比較:通知

通知は圧倒的にHuawei watchが上です。iPhone等の通知をそのまま表示できますので

ラインだろうがフェイスブックだろうがiPhone等で通知がでるようにしてれば見れます。

中の文章も読めます。

対してSteel HRは現状、通知は電話、SMS,カレンダーのみです。また、日本語は表示されません。

こちらもアップデートに期待したいところです。

 

通知まとめ

Steel HR:電話、SMS、カレンダーのみ

Huawei watch:すべて

Huaweiwatchとの比較:デザイン

デザインは人によって好みはそれぞれですが、私はSteel HRの見た目が好きです。

私はホワイトを買いましたが、時計バンドを革ベルトに替えたらかなりおしゃれな感じになりました。

(一番上の画像参照)

交換した革ベルトは下記のモレラートのドランです。

Huawei watchもフェイスを自由にかえれるのはうれしいです。

日々有志の方が新しいフェイスをアップしてくれています。

こちらもベルトを変えると高級感のある感じになります。

デザインではありませんがSteel HRがサファイアガラスでないのは残念。

値段を考えるとしかたないかもしれませんが、もう少し高くていいので

サファイアガラスバージョンが欲しかったです。

 

デザインまとめ

Steel HR:シンプル

Huawei watch:フェイスを変えられる

Huaweiwatchとの比較:アプリ

アプリはSteel HRの方が使いやすいです。

withingsの体重計や血圧計、体温計などとも同じく管理できます。

私は体重計しかもっていませんが一元管理できるのはありがたいです。

Huaweiはアップルヘルスケアやグーグルフィットで管理する感じとなっています。

 

アプリまとめ

Steel HR:withingsのアプリが便利

Huawei watch:アップルやグーグルのアプリで管理

まとめ

いくつかの要素にわけて比較してきました。

人それぞれ重要な要素はあるでしょうが、

私は電池持ちと心拍数、デザインの違いを考えると

Steel HRが現状のスマートウォッチでは最適解ではないかと思います。

おすすめします。

読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsiru7をフォローしよう!

関連記事

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

専門家にメールで相談しよう

相談回数無制限のメール相談サービスを利用して、困ったこと、悩んだことがあればすぐに専門家に相談できるようにしておきませんか?

メール相談サービス

関連記事



ピックアップ記事

  1. 企業型確定拠出年金
    私も加入申請しましたが、今年から個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入できる範囲が大きく広がったこと…
  2. 統計ダッシュボード
    総務省が統計ダッシュボードなるサイトを立ち上げました。これがかなり使えそうなサイトですので紹介したい…
  3. キャリアアップ
    非正規労働者のキャリアアップに使えるキャリアアップ助成金が4月から大きく変わりました。いったい、どこ…
  4. クレジットカード
    軽減税率対策補助金(レジ補助金)が始まりました。これは中小企業・小規模事業者等の方々が、複数税率対応…
  5. クレジットカードを
    今回は出費の痛みを減らすもう一つの方法としてクレジットカードの活用をご紹介したいと思います。クレジッ…
  6. お金の教育
    2018年から積立NISAが始まりそうです。今までのNISAと違い年間で使える金額は減り、より長期な…
  7. タッチバー
    Mac Book Proのタッチバーはセミナーやプレゼンに本当に便利です。…
  8. お金の精算
    舛添都知事の公私混同問題が連日ニュースを賑わしています。これは他人ごと、政治家だけの問題と考えている…
ページ上部へ戻る