中小企業診断士のデスク周り大公開 (1)

中小企業診断士のデスクを大公開。PC、ガジェットなどの仕事環境はどうなっているのか?

最近、立て続けに新たに中小企業診断士として独立を考えてらっしゃる方からどんな環境で仕事をしているのかといったご質問をいただきました。

そこで独立診断士として開業もうすぐ9年となるわたしのデスク周りを大公開しちゃいます。

参考になるかはわかりませんが(笑)

中小企業診断士はどんな環境で仕事しているのか

私は中小企業診断士兼社会保険労務士です。

この2つではそれほど仕事環境は大きく変わりません。

基本はPC周りでの作業が多くなります。(訪問時等は除く)

中小企業診断士の中にはノマドやコワーキングスペースを利用している方も多いですが、私の場合は基本的に自分のデスクの方が環境が整っていますのでそちらを中心に作業しています。

執筆や勉強する時などはなぜか雑音があったほうが集中できるのでスタバやマックなどでノマドワークするケースもあります。

PC・周辺機器環境

PCデスク周辺機器

メインPCはアップル社のiMac27インチ(5K)です。

MACはもう10年以上利用しています。(このiMacは三代目くらいです)

昔と違ってあまりMacだとできないという作業は減ってきています。

ただし、社会保険労務士の一部の業務はWindows環境でしか利用ができませんので少し不便ですが・・・

それ以外は特に問題はありません。

サブディスプレイ

iMac27インチは充分大きいのですが、より作業を効率化するためにサブディスプレイとして27インチの2kモニタを縦置きしています。

資料を見ながらデータを入力するとかいった作業の効率が格段にあがりますのでサブディスプレイはオススメです。

基本はiMacの画面半分ずつ別の画面を開いてそれでも足りなければサブディスプレイといった感じですね。

さらに足りない場合はMACの全体画面切り替え機能です。複数の画面を簡単に切り替えできますのでそれを活用しています。(指3本でスワイプ)

サブディスプレイの詳細はこちらの記事を御覧ください。

スキャナー

スキャナーは富士通のIX1500です。

簡単にスキャンをできますので不要な書類は基本的にはデータ化して保存して紙は捨てています。

書類を紙で保存しているとどんどん貯まっていってしまいますし、探すのも大変です。

IX1500を導入してその作業が大幅に減りましたのでオススメですよ。(S1500からの乗り換え)

プリンタ

中小企業診断士、社会保険労務士の仕事は紙を印刷する量が半端ないです。

そのため、プリンタはよく故障してなんども買い替え・・・

現在はキャノンのG5030。

インクボトルの容量が大きく交換頻度が少なく気に入っています。

前に使っていたエプソンのビジネスインクジェットプリンタはその点で不満が多かったんですよ・・・

キーボード・マウス等

キーボード、マウスはiMacの標準のもの(MagicKeyboard、MagicMouse)を使っています。

ただし、マウスは余り使っておらず、変わりにアップルの「Magic trackpad2」を重宝していますね。

これがないと仕事ができないくらい使い勝手が良いんですよ。

マウスには戻れませんね・・・

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

NAS

ファイルサーバーのNASもかなり便利です。

私が導入しているのがSynology社のDS218j

画像や動画ファイルなどはDropboxではなくこちらに入れて管理しています。(資料系はDropboxと使い分けしています)

外で作業をするときなどにも簡単にアクセスができますのでこれがないと厳しいです。

アプリ等

主に利用しているアプリケーション等は以下のとおりです。

エクセル
ワード
キーノート
Parallels Desktop
クローム
Illustrator
Photoshop

エクセル、ワードは必須です。

多くの書類がそれ用になっていますからね。

MacにもNumbersやPagesといった同様のアプリはありますが、互換性の問題が多少ありますのでエクセル・ワードを使うのがおすすめです。

パワーポイントは使っておらずセミナー資料などはアップルのキーノートを利用しています。

最近ではパワーポイントとキーノートでは機能的にそれほど大きな差はありませんが、慣れですね。

MACでWindows

また、社会保険労務士業務の場合には電子申請などWindows環境しかできないものがあります。

それでもMacを使いたい場合にはParallels Desktop上でWindowsを利用できるアプリを利用するのがオススメ。

Parallels Desktopを使えば問題なく電子申請も可能となります。

また、確定申告の電子申告(e-Tax)もMacではうまく行かないケースが多いため、毎回Parallels Desktop上のWindowsでやってますね・・・

サブスクリプション

サブスクリプションとして契約しているものもいくつかあります。

まず、会計処理用のマネーフォワードクラウドです。

基本的に預金通帳等から引き落とし分を自動仕訳してくれますのでかなり簡単に処理ができるのがうれしいところ。

クラウド会計といえばfreeeもありますが、マネーフォワードのほうがある程度簿記がわかる方にはオススメです。

もう一つがDropbox(ドロップボックス)です。

ファイルを共有するためのサービスで外でPCなどを利用する際に同期されますのでかなり便利です。

無料版もありますが、利用量が多いため有料契約しています。

>>Dropbox

レンタルサーバー等

WEBサイトはいくつか運用していますが、すべてワードプレスです。

利用しているサーバーはConoha VPSとwpX Speedを利用しています。

特にConoha VPS+KUSANAGIはおすすめですね。(ちょっと知識が必要ですが・・・)

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

外出時の作業用

外ではMacBookProとiPadProの2つを利用しています。

基本はiPadProでほぼ完結。

資料の閲覧やちょっとした作業なら最強に近いですね。

ちなみにiPadProはMacのSidecarという機能を使えばサブディスプレイして使うことも可能です。

サイトの更新や執筆などiPadProよりもPCの方が快適に利用できる作業の場合にはMacBookProを利用しています。

iPadProの文字入力はまだまだPCにはかないません。

外でのネット環境はポケットWi-Fiなどは利用しておらず、楽天モバイルでのテザリングで完結しています。(iPadProは楽天モバイルのデータsimを入れて利用)

デスク・その他周辺環境

次にデスクやPC以外の周辺環境も見ておきましょう。

デスク・椅子

デスクと机はどちらもイケアです。

デスクはBEKANT(べカント)、椅子はJÄRVFJÄLLETイ(イェルヴフェレット)。

値段の割に使い勝手や見た目が良いのでオススメです。

組み立ては結構大変ですけどね。(笑)

次変える時はデスクを昇降ができるスタンディングタイプにしようと思います。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

電卓

電卓は2つ使っています。

一つがテンキーの代わりとして使っているキヤノンの「KS-120TKRIII-WH」です。

もう一つはメインとして使っているカシオの「S100」です。

かなり打ちやすいですしオススメ

高級電卓と言われるだけあって少々お高いですけどね・・・

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

レーザーポインタ

よくセミナー後に質問を受けるのがレーザーポインタです。

強調表示や拡大などができてインパクトがありオススメです。

プロジェクターやPCとの相性もあるようでいつも使えるわけではありませんが・・・(今まで使えなかったのは2回)

まとめ

今回は「中小企業診断士のデスクを大公開。PC、ガジェットなどの仕事環境はどうなっているのか?」と題して私の作業環境をご紹介しました。

参考になる方が見えれば幸いです。

中小企業診断士や社会保険労務士のような仕事はちょっとした環境の差で作業の質やスピードに大きな差が出てしまいます。ですから少しでも不満を感じてるようならばすぐ買い換えるようにしていますね。

最近はメルカリなど簡単にリセールしやすくなっていますから交換障壁もひくくなっていますのもあります。

また、気に入ったらガジェットやツール類を発見したら本ブログで紹介したいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうざいます。

ブログランキング参加中です
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

中小企業診断士のデスク周り大公開 (1)
最新情報をチェックしよう!