MENU

WordPressテーマの選び方。見た目だけで選ぶな!!重要なポイントは3つ

話題のテーマが先日発売を開始したこともあり、立て続けに「WordPressのテーマの選び方」についてご質問をいただきました。

同じの悩みをお持ちの方も多いでしょう。

そこで今回は使ったことがある無料テーマ10種類以上、有料テーマ8種類(お客様導入分含む)の私がWordPressテーマ選びの重要なポイントを解説していきます。

ちなみにその話題のテーマも購入するつもりでしたが、課金がサブスク(月額課金)だったので今の所は購入しておりません。

そのため比較はできませんので悪しからず。

目次

WordPressの強みはテーマが無数にあること

WordPressとはWEBサイトを作成・運用できるブログベースのCMS(コンテンツ管理システム)の一種です。

利用者がとても多くホスティングプラットフォームとして有名なkinstaによると2019年時点でWordPressを利用したWEBサイトは全体の35%となっています。

実に3サイトに1つはWordPressで出来ているんですよ。

もちろんこのサイトもWordPressで作っています。

たくさんのテーマが開発、販売

WordPressの一つの特徴としてテーマの存在があります。

テーマとはWEBサイト全体のテンプレートのことで、変えるだけでデザインも中身も簡単に大きく変更することができるのです。

そのため、WordPressは自由度がかなり高いんですよ。

WordPress以外にもWEBサイトを簡単に作る仕組みはたくさんあります。

中にはJimdo(ジンドゥー)のようにWordPressと同様にテーマを変更できるものも。

しかし、WordPressと比較するとテーマの種類に大きな違いがあります。

この点がWordPressの大きな強みの一つかなって思います。

WordPressは利用者が多いことからテーマがどんどん開発されているんですよね。

日本人が作成したものだけでも毎月のように新作がでています。

海外も合わせれば無料・有料とも数え切れないほどのテーマが存在していますね。

また、人気テーマなどは利用者も多いことからカスタマイズの情報もかなり多く存在しています。

この辺りもありがたいところですね。

一度使い始めたテーマを変えるのは一苦労

大変魅力的なWordPressのテーマなのですが大きな弱点もあるのです。

それはテーマを変えるとカスタマイズがリセットされてしまったり、ショートコードが反映しなくなったり、プラグインとの相性が合わなかったりといろいろな不具合がでてしまうのです。

つまり、一度決めたWordPressのテーマを変更するのは結構大変なんですよ。

私も以前テーマを変更しております。

元々使っていたテーマはデザイン重視で選択したため、見た目は気に入っていたのですが、どうしても速度面で問題があったのです。

その際も、様々な不具合がでたりして調整するのに苦労しましたね。。。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。テーマを変えたことで表示速度がかなりアップしたので意味はありましたよ。

あわせて読みたい
Googleスピードでモバイル90点以上をゲットする方法
Googleスピードでモバイル90点以上をゲットする方法先日のブログ記事で予告していたとおり、本サイトを大幅リニューアルしました。大幅リニューアルと言ってもWordPressのテーマを新しいのに変更するだけなんですが、いろ...

WordPressのテーマ選びのポイント

それでは今回の本題、WordPressテーマの選び方について見ていきます。

選ぶ際のポイントはたくさんありますが、長いこと使うことを考えると今回ご紹介する3点が重要と考えます。

ちなみに無料でも「Luxeritasu(ルクセリタス)」や「CoCoon(コクーン)」のようになかなかよいテーマもあります。

下手な有料テーマを選ぶくらいならこのふたつの方がおすすめできます。

ただし、前述のようにWordPressテーマは一度使い始めると変更は面倒ですから長いこと使うことを考えたらサポート期間が長そうな有料がおすすめです。

ただし、下記の3点をちゃんと満たしているというのが条件ですが・・・

見た目が好みか

まず第一は見た目です。

この辺りは好みの問題も大きいですから自分が好きかどうかで判断することになるしょう。

人気のテーマでも自分がどうしても好きになれない見た目というのもありますからね。

また、自分がどのようなサイトにしたいのか、そのデザインにできるのかも考える必要があるでしょう。

ただし、見た目の部分は騙されやすいのでお気をつけください。

デモサイトの写真に騙されるな

多くのテーマではデモサイトが用意されています。

どのサイトもかっこよい、きれいなサイトが並んでいると思います。

しかし、お気をつけください。

それはただ、かっこいい、おしゃれな写真や画像を使っていてよく見えるだけの可能性もあるんです。

その写真や画像と違うものをのせたらどうかを考えましょう。

まあ、デモサイトの時点で好みでなければやめたほうが良いとは思いますが・・・

実際運用している人のサイトをチェックしよう

実際の見た目はデモサイトではなく、そのテーマを実際に運用している方のサイトを確認するのが一番です。

特に文字の装飾など細かなところはデモサイトだけではなかなかわかりませんからね。

装飾などは知識さえあればあとから自分でも修正もできますが、始めから好みのデザインのテーマを利用したほうがかなり楽です。

例えば下記の「IS IT WORDPRESS?」を利用するとそのサイトがどのテーマを使っているのか、どのプラグインを使っているのかを調べることが可能です。

このサイトのデザイン好きだな・・・って思ったサイトがあればまずは確認してみるとよいでしょう。

>>isit WP

速度がどれくらいでるのか?

もう一つ注意したいのが速度です。

私がWord Pressテーマを変更した理由もこれになります。

いくら速度対策を頑張ろうが遅いテーマを利用していると限界があるんですよ。

サイトの速度は本当に重要です。

このサイト遅いなって見るの辞めてしまった経験ありませんか?

実際データにも出ているんです。

速度が遅いだけでGoogleの調査ではこれだけ差がでています。

●1秒だった表示速度が3秒になった場合、直帰率が32%高くなる
●1秒だった表示速度が5秒になった場合、直帰率が90%高くなる
●1秒だった表示速度が6秒になった場合、直帰率が106%高くなる
●1秒だった表示速度が10秒になった場合、直帰率が123%高くなる

また、Amazonの調査では0.1秒表示速度が遅いと1%以上の売上が低下するといった調査結果がでるなどWEBサイトにおける表示速度は重要なのです。

実際のテーマ利用サイト、デモサイトを計測してみよう

それでは速度を測るためにはどうすればよいのでしょう?

これは簡単です。

実際そのテーマを利用している方のサイトを速度チェックしてしまえばよいのです。

例えば有名所の速度チェックは下記ですね。

>>Pingdom

これらサイトで目的のURLを計測すると調べることが可能です。

もし、目的のテーマを利用してる人が見つからなかったら、そのテーマのデモサイトでもよいでしょう。

画像がやけにデカかったり一切チューニングをしていないケースもありますが、だいたいテーマででる速度がわかりますね。

ただし、テーマ作者が速度をあまり意識していないと高解像度の写真がデモで利用されたりもしていますのでそのあたりは差し引いて考える必要はありますが・・・

ちなみの人気テーマなのにデモの時点でGoogleスピードで10点台のものもありました。

さすがにそれは作者が速度を意識せず作っているのでいくらこちらでチューニングしても限界があります。。

逆に速度をウリにしているテーマはデモサイトの段階でGoogleスピードでも90点代だったりします。

ただし、これもお気をつけください。

チューニングしてGoogleスピードで点数が上がるようにしているケースも見かけます。

そのようなケースは実際にそのテーマを利用している人のサイトで計測してみると実際のところが見えてきます。

目安としてはPingdomならアドセンスなど広告を張っていないなら1.5秒は出したいところです。

できれば1秒切りたいかな・・・

更新頻度はどうか?

最後にチェックしたいのはテーマの更新頻度です。

あまり注目されていませんが、この点に問題のあることも多いですよ。

多くの有料テーマは一回買い切りです。

そのため、一度売ってしまうとそこからの更新モチベーションがわかないのでしょう。

更新頻度が異様に少ないケースがあります。

その点を考えると最近出た話題のテーマの課金がサブスク(月額課金)なのは利にかなっているのかもしれませんけどね。

あるテーマの事例

例えば私が実際に購入して利用しているあるテーマ(営業妨害になりますのでどのテーマなのかについては言及しません)ではWordPress5から導入されたGutenberg(グーテンベルク)にバグがあるもしれないと対応していません。

すでにWordPressは5.4まで来ているんですけどね・・・

また、明らかなバグを発見してサポート掲示板に投稿しても担当に伝えておきますと言われその投稿すら消してなかったことにする始末・・・

今まで3件くらい指摘していますが、一向に改善されません。

そもそも更新が半年に一回くらいしかありませんけどね。

このようなケースもありますからそのテーマがどのくらい更新されているのかを確認することも必要でしょう。


まとめ

今回は「WordPressテーマの選び方。見た目だけで選ぶな!!重要なポイントは3つ」と題してWordPressテーマの選び方をご紹介しました。

なかなか難しいWordPressのテーマ選びですが、後から後悔しないように今回ご紹介した3つの点を意識してお探しくださいね。

よりよいテーマに出会えることをお祈りしています。

私のお気に入りのテーマ

ちなみに私個人的には最近買ったあるテーマが現在最もお気に入りです。

当然、今回ご紹介した3つの点をすべて満たしています。

特に作者の方の熱意が高く更新頻度がすごいんですよ。

たまたま、ツイッターで作者の方をお見かけしてそのWordPressに対する熱意を感じて、思わずテーマを購入してしまったのです(笑)

どういったテーマなのか興味有る方は下記を御覧ください。

現在のテーマから簡単に移行できるツールがあれば、すぐにでもメインサイト、このサイトとも移行するのにな・・・

それくらい気に入りましたね。

追記:実際にお気にいりのテーマに変えてしまいました。詳しくはこちらの記事を御覧ください。

あわせて読みたい
後悔しない。WordPressでテーマを変える際の注意するポイント
後悔しない。WordPressでテーマを変える際の注意するポイント2年ぶりくらいに本WEBサイトの大規模リニューアルいたしました。リニューアルといってもWordPressのテーマを変更して見た目を修正しただけなんですがイメージはかなり変...

最後まで読んでいただいてありがとうざいます。

フェイスブックページ、ツイッターはじめました。

「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)。財務面のみならず、WEBマーケティング、人事、労務、価格改定、管理会計など経営全般の改善を行うコンサルティングを行っている。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ700箇所以上、25,000人以上、47都道府県すべてで登壇実績があり難しい制度をわかりやすく伝えるセミナーには定評がある。また、金融系WEBサイトを新規で立ち上げ、企画から制作、運営まで一人で行い年間1,000万を超えるアクセスを集める人気サイトに育てるなど幅広く活躍している。

目次
閉じる