MENU

ホーム踏み忘れを指摘した松井雅人選手にプロフェッショナルを見る

2020 5/05
ホーム踏み忘れを指摘した松井雅人選手にプロフェッショナルを見る
目次

ホーム踏み忘れの珍プレイ発生

昨日の中日対オリックスで非常に珍しいプレイがありました。

それはオリックスの新外国人「クリス・マレーロ」選手がホームランを打ちながら本塁を踏み忘れてしまったために3塁打になるという私も30年近くプロ野球をみていますがはじめて見るプレイでした。

審判のかたもはじめてみたそうです。

1塁踏み忘れは何度かきいたことがありますが・・・。

おそらくクリス・マレーロ選手は来日初ホームランなので浮かれてしまっていたのでしょう。

しかし、今回注目したいのはそれを指摘した中日の松井雅人捕手です。

松井雅人選手のファインプレイ

今回のプレイはアピールプレイであるため中日の選手がだれもアピールしなければそのままホームランでした。

それを冷静に見つけ指摘できた松井雅人選手のファインプレイなのです。

松井雅人選手は踏み忘れを確認してすぐ一塁審判をみていました。

おそらく一塁審判がちゃんとみていたのかを確認したのでしょうね。

毎回踏んだのかを確認するのは基本のプレイでは有るが・・・

捕手がホームランを打たれたときに本塁をちゃんと踏んでいるのかどうかを毎回確認するのは、

小学生のころから教えられる基本だそうです。

しかし、毎回確認しても実際に踏み忘れるひとはほぼ居ません

松井雅人選手は29歳ですから20年近くずっとホームランを打たれるたびに確認してきたのでしょう。

松井雅人選手は今までずっとちゃんと確認してきたそうですが一度も踏み忘れた人をみなかったそうです。

数にしてどれくらいなのか。。。

おそらく引退まで踏み忘れる人をみないかもしれません。

(ほとんどの捕手はそうでしょう)

ついついほぼないことですから省略しがちですが、

それを怠ること無く愚直に行ってきたからこそ気づけたし指摘できたのです。

実際に今回の本塁の踏み忘れシーンをリプレイでみてもぎりぎり踏んでいないくらいでした。

これは本当にじっくり毎回みていなければ気づけないでしょう。

すばらしいとしかいいようがありません。



会社での仕事も同じ

今回は野球ですがこれは野球だけの話ではありません。

たとえば工場の作業で確認作業はたくさんあると思います。

ほとんどの場合は問題がないはずです。

そこでどうせ起こらないから・・・

と怠ったときに発生する可能性もあるのです。

実際に労災事故のお話等を聞くとそういうケースが多かったりします。

工場だけではありません。

営業や経理でも同じです。

取引先へ提出する見積書、契約書の間違い

などいろいろなところでミスは起こります。

よくあるところに関してはちゃんとチェックするでしょう。

しかし、今回のようにほぼ起こらないような内容はどうでしょうか?

チェックを怠っていませんか?

その一回のチェック漏れが致命傷になることだってあるのです。

もう一度基本をしっかりチェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は野球のお話ですがみなさんの仕事でも同じです。

愚直に基本を守る大切さを松井雅人選手から教わった気がします。

読んで頂きありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)。財務面のみならず、WEBマーケティング、人事、労務、価格改定、管理会計など経営全般の改善を行うコンサルティングを行っている。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ700箇所以上、25,000人以上、47都道府県すべてで登壇実績があり難しい制度をわかりやすく伝えるセミナーには定評がある。また、金融系WEBサイトを新規で立ち上げ、企画から制作、運営まで一人で行い年間1,000万を超えるアクセスを集める人気サイトに育てるなど幅広く活躍している。

目次
閉じる