wpXSpeedは本当に速いのか

wpXレンタルサーバーからwpXSpeedへ移行をしてみた。本当に速いのか?

最近、グーグルサーチコンソールにも速度という欄が設けられるなどWEBサイトの表示の速さがなにかと注目されています。

そのためなのかレンタルサーバー各社から最速と謳うサービスが続々登場しています。

そこで私が人柱となり、実際にどこが速いのかを検証してみたいと思います。

また、サーバーの移行はけっこう大変ですのでその辺りもレポートしてみます。

今回はまずは「wpX Speed」です。

「wpXSpeed」は現在、私が契約している「wpXレンタルサーバー」や「wpXクラウド」から契約を引き継げる上に、「WordPress簡単移行」なるサービスがあるんのでお手軽に移行が可能となっているんですよ。

移行についてはどうでもよい。実際の速度比較だけ見たい方はこちらからどうぞ

各社が最速を謳うサービスを展開中

今回の話の前提となる現在の最速を巡っての争いから見ておきましょう。

ConoHa WING

まず、話題となったのがお名前ドットコムなどで有名な老舗ネット企業「GMOインターネット株式会社」のConoHa WING(コノハウィング)です。

最新の高性能サーバーを採用したことなどより国内最速レンタルサーバーを謳っていますね。ネット上での評判もなかなか良い感じです。

mixihost

また、新興のレンタルサーバーmixhostがLiteSpeed採用の高速サーバーやHTTP/3に日本で初対応したとのことで話題になりました。

こちらも表示速度満足度NO1のレンタルサーバーを謳っています。

wpX Speed

それらに対抗するようにレンタルサーバー国内シェアNO1のエックスサーバーがWordPress専用グラウド型レンタルサーバーのwpX Speedというサービスを開始しました。

こちらも次世代接続インターフェース、NVMeを採用したことなどによりワードプレス表示速度国内NO1を謳っています。

こちらはまだサービスが始まったばかりであるためネット上で評判そのものが多くありません。

KUSANAGI

また、KUSANAGIというWordPress仮想マシンも話題となっています。WordPressサーバを通常の約10倍の速さにブーストさせるとのこと。

KUSANAGIはレンタルサーバーでは動作しませんが、それが動作するVPSを提供するConoHa VPSさくらのVPSなどはKUSANAGI目当てに利用している人がかなりいるそう。特にConoHa VPSなどは世界最速級WordPress謳っています。

こちらもネット上での速度面の評判は良好です。ただし、VPSなので設定で苦労している人が大勢いる模様・・・

本当に速いのはどこなのか?

つまり、各社言い方は違えどどこもうちが一番速いぜって言ってるんですよ(笑)

これだけ言われると新しい物好きの血が騒いでしまいます・・・実際に試して見たくなっちゃうんですよね。

現在、私が管理しているWEBサイトはいくつかありますが、エックスサーバーとWordPress専用の「wpXレンタルサーバー」の2つを利用しています。

現在利用しているエックスサーバーなどに関しては旧サーバーから新サーバー移行を行ってもらってからは特に不満はありません。

実際にグーグルスピードでも90点以上、実際の速度も2秒台ですしね。

ただし、WEBサイトは少しでも速いに越したことはありませんし、新サービスを体験してみたいので乗り換えてみます。

なお、WEBサイトの表示速度はサーバーだけの問題ではありません。

他の部分を改良しないといくら速いサーバーに移行してもしれていますよ。詳しくは下記記事を御覧ください。

各社スペック比較

各社のスペックをまとめるとこんな感じです。

※スマートフォンの方はスクロールしてお読みください。

エックスサーバーConoHa WING(コノハウィング)mixhostwpX SpeedConoHa VPS
月額料金(最安値)税抜1,000円(X1)1時間2円
最大1.200円(スタンダード)
980円(スタンダード)1時間2円
最大1.200円(W1)
1時間1,3円
最大900円(1GB)
初期費用3,000円無料無料無料無料
ディスク容量200GB200GB150GB200GB50GB
転送量制限70GB/日2.5TB/月2TB/月 2.5TB/月無制限
特徴安定と高速性を追求した快適なサーバー環境最新の高性能サーバーLiteSpeed
HTTP/3
次世代の接続インターフェース「NVMe(エヌブイエムイー)」の採用KUSANAGI利用可能
(1Gプラン以上)
謳い文句レンタルサーバー国内NO1国内最速レンタルサーバー表示速度満足度NO1のレンタルサーバーワードプレス表示速度国内NO1世界最速級WordPress

wpXレンタルサーバーからwpXSpeedへ移行

まずは、wpXレンタルサーバーからwpXSpeedへ移行について見ていきましょう。

これはかなり簡単です。

契約移行機能

現在の契約「wpXレンタルサーバー」を無駄にすることなく「wpXSpeed」へ移行が可能です。

具体的には「wpXレンタルサーバー」の契約管理から「wpX Speedへの契約移行」で手続きすることで残りの契約期間分のご利用料金に相当するクーポンが発行されます。

そのクーポンでwpX Speedへ支払いが可能ですから現在の契約分について無駄にならないのです。

後述しますが、wpXSpeedへ移行してもマイナス面はなく、速いですから料金面で問題がなければ移行するのがおすすめですね。

ただし、同じ会社の運営する「エックスサーバー」にはこちらのルールは適用されないのが残念ですが・・・問い合わせて見たところ、サービス内容が違うから適用しませんとのこと。

料金

ちなみに「wpXレンタルサーバー」の価格は3ヶ月契約なら3,600円(税抜)、12ヶ月契約なら12,000円(税抜)でした。

wpXSpeedは一番安いプランで「2円/時」です。

時間単位課金となっているんですよ。

ただし、上限が設けられており最大で月額1,200円(税抜)となります。

ちょうど3ヶ月契約と同じ月額料金ですね。

私の場合には12ヶ月契約していましたので少し上がった感じとなります。

しかし、「wpXレンタルサーバー」は1契約1サイトのみでしたが、「wpXSpeed」は複数のサイトの運営ができますので複数運営される方からすると安くなっていますね。

WordPress簡単移行

次は中身の移行です。

wpXレンタルサーバーもwpXSpeedも同じエックスサーバーが運営していますが、サーバーが変わりますから移行作業が必要となります。

通常、サーバーの移行は結構面倒ですが、wpXSpeedではかなり簡単に移行できる仕組みが提供されています。

wpXSpeedのサイトにある説明書の通りにやるだけで簡単に移行が可能でした。

流れとしては以下のとおりです。

契約移行→wpXSpeedでドメイン追加→WordPress簡単移行を実行→ネームサーバー変更→DNSレコード編集→旧サービス削除

実際の自分の作業時間としては10分ないくらいですね。(移行自体は時間が掛かります)

WEBサイトが見れなくなる時間もありませんでしたしサービス名に嘘偽りなくかなり簡単でしたね。

移行時の注意点

基本的にスムーズに進行しましたが、少しだけ問題となる可能性がありますので書いておきましょう。

SSL

まず私が移行した際に一点だけ以下のようなエラーがでました。

移行処理は完了していますが、SSL証明書の発行に失敗しています。

どうやらSSL証明書の発行には失敗したようです。

しかし、これもあとで個別にSSL証明書を発行するだけ(独自SSL設定で項目を選択するだけ)なので問題ありませんでした。

移行されないものがある。

また、「.htaccess」「ads.txt」は移行されませんのであらかじめコピーするなどしておきましょう。

私は予め保存しておいたものをFTPでアップしました。

しばらくは更新を控える

DNSを切り替える際にはタイムラグが発生します。

そのため、DNSを変更後しばらく(24時間くらい)は更新等は控えるのがおすすめです。移行後しばらくはどちらのサーバーに書き込まれるのかわからないんですよ。

その他、WordPressのバージョンやPHPのバージョンに条件がありますので予め確認しておくことをオススメします。

>>次はwpX SpeedとwpXレンタルサーバーの速度比較

wpXSpeedは本当に速いのか
最新情報をチェックしよう!
>お気軽にご相談・お問い合わせください

お気軽にご相談・お問い合わせください

弊所への執筆・講演・コンサル依頼に関するお問い合わせはメールフォームまたはお電話にてお受けいたします。

CTR IMG