ハイレゾwavファイルでアーティスト名、アルバム名、アートワークを登録する方法

画像がでない

昨日ミスターチルドレンの新アルバムREFLECTIONが発売になりました。

REFLECTION{Drip}初回盤

おかげさまで先日書いた

ミスチルの新アルバム「REFLECTON」に見る価格の重要性

の記事のアクセスがすごいことになっています。

クレジットカード決済Squareの記事が

グノシーで紹介されてアクセスが爆発した日の次に多くなっています。

 

今回はミスチルファンが多く見にきていただいておりますので

その方たちにお役に立てる記事を書きたいと思います。

 

ミスチル新アルバムは3種類ありますが、

このブログを見に来ている方は

完全限定の {Naked}を買われた方が多いと思います。

(品薄なようですが。。。)

REFLECTION{Naked}完全限定生産盤(CD+DVD+USB)

私ももちろん{Naked}を買いました。

{Naked}の大きな特徴の一つは

ハイレゾファイルが入っていることです。

これをきっかけにハイレゾ環境を整えられた方も多いのではないでしょうか?

私もそのひとりです(笑)

しかし、今回のハイレゾファイルは、

ちょっと工夫しないと今までと同じように扱えません。

その点について記しておきたいとおもいます。

 

今回の問題点

まず、今回のハイレゾファイルはそのまま

iTunesには取り込めれません

また、アーティスト名、アルバム名、アートワーク(画像)が表示されません。

 

理由

これらができない理由は、

ハイレゾが原因ではありません。

ファイルがwavで提供されているからです。

wavは、アーティスト名、アルバム名、アートワーク(画像)などの

タグ情報を持てません。そのためそのままでは登録できないのです。

 

対策

では、どうすればいいのか。

それはwavを他のハイレゾが維持できるファイル形式に変換すればいいのです。

具体的にはハイレゾが維持できるファイル形式として

Apple LosslessやFLACがあります。

しかし、FLACはiTunesでは扱えませんので

iTunesを使われている方はApple Losslessに変換しましょう。

iTunes以外のソフトで管理されている方はFLACでも問題ありません。

 

変換は変換ソフトを使いましょう。

私は、mac使いですから

Music Converter

を使ってます。

Windowsでもたくさん同様の無料ソフトはでていますので検索してみてください

wav 変換 無料 ハイレゾ

とでも検索すれば出てくると思います。

 

Music Converterでは変換したいファイル形式を指定して

ドラックするだけで変換されます。

次に変換されたファイルをiTunesなどにドラックしてあげましょう。

そこでアーティスト名、アルバム名、アートワークを入れます。

ReflectionのアートワークはUSBの中に入ってますよ。

あとはハイレゾ対応の機器に転送すれば完成です。

 

wavファイルをこれらのファイルに変換しても

音は悪くならないと言われています。

また、ファイルサイズが半分くらいになりますのでぜひオススメいたします。

 

まとめ

ハイレゾwavファイルはそのままでは

アーティスト名、アルバム名、アートワークを持てない。

変換ソフトでアップルロスレスなどに変換しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 携帯電話料金
    総務省の要請でスマホの一括0円や実質0円が1月末で消滅しました。なんでも調査機関を置いて覆面調査…
  2. 少し前にもブログで書きましたが個人情報保護法が改正されます。https://www.kawa…
  3. ウォーキング・デッド
    月9(月曜9時)といえばフジテレビ系列のドラマを思い浮かべる方がほとんどでしょう。しかし、最…
  4. 任天堂のスマートフォンゲームのポケモンGOが海外で大ヒットしています。『Pokémon GO』は…
  5. マイナンバー
    マイナンバーセミナーに連日登壇しております。そこで感じるのはみなさんの感心の高さと現状の認知…
ページ上部へ戻る