法定福利費削減

給料があがったのに手取りが減った・・・・

 

このような経験がある方も多いのではないでしょうか?

これの大半は、

給料が上がったことにより

健康保険や厚生年金の等級もあがり

給料増額分よりもそちらの負担が増えて

手取りが減ってしまうケースです。

 

このケースは健康保険・厚生年金の仕組みを会社側がしっかりご理解していれば

防ぐことができます。つまり、従業員さんも会社も損しなくてすむのです。

 

まず、健康保険と厚生年金の計算の仕組みを理解しておきたいです。

健康保険と厚生年金はこのような表にあてはめて計算します。

例:岐阜県の健康保険・厚生年金保険の保険料額表

(金額は県により違います)

健康保険は1級〜47等級まで幅があり、

報酬額はそれぞれ月額58,000円~1,210,000円の幅があります。

厚生年金は1級から30等級までの幅あり、

報酬額はそれぞれ月額98,000円~620,000円の幅があります。

そこに自身の給料を当てはめた金額が健康保険・厚生年金となります

ただ、これは給料金額そのものではありません。

額面金額でも手取り金額でもありません。

ちょっと特殊なやり方をします。

基本的な計算方法は4月から6月の給料額の平均となります。

これには残業代や通勤手当も含めてきます。

(3ヶ月を超える期間ごとの賞与は含みません)

残業代がまずひとつのミソです。

4月〜6月の平均で1年間の健康保険と厚生年金が決まりますので

この間は残業を極力抑えるのもひとつの手なのです。



例えば、岐阜県で介護保険に該当しない3ヶ月平均を

計算した結果が30万9千円の方がいたとします。

この方の健康保険の総額は29,970円です。

半分は会社負担ですので14,985円となります。

厚生年金総額は52,422円、会社負担は26,211円です。

(個人負担と会社負担は同じ金額ですので会社の立場でお話します)

健康保険と厚生年金の会社負担合計は41,196円となります。

ではこの方が4月〜6月に残業をがんばったとします。

月に平均して千円給料が増えたとすると

この人の平均は31万円となります。

そうなると健康保険は総額31,968円 会社負担15,984円となります。

厚生年金は総額55,916円 会社負担 27,958円です。

健康保険と厚生年金の会社負担合計は43.942円となります。

2,742円の値上げとなります。

この場合、従業員さんの手取りはどうかというと税金は変わらないとして

手取りは1,742円減ってしまいます。

 

つまり、月1000円余分に残業代がふえたことで、会社の出費は増えて

従業員さんの手取りも減ってしまうのです。

保険料額表をみていただければわかりますが、

保険料が変わる(等級があがる)幅が1万円〜6万円あります。

つまり、この等級があがる幅の間に抑えておけば保険料が上がらないのです。

この等級を意識することで大きな差が生まれる可能性がありますので

給料額の改定や残業をする際に是非意識してみてください。

たとえば、先ほどの例でいけば給料

通勤費や残業を含めて31万円に抑えれば

30万9千円の場合よりも

会社も従業員さんも得となるのです。

もし一人に付き2000円の違いでも100人社員がいれば

毎月20万円の違いが生じます。

年間で240万円の差です。

従業員もその分負担が増えてしまいますし、

ぜひ意識して取り組んでいただきたいです。

給料改定の金額や時期もこの等級を意識することが大事です。

 

健康保険には他にこんな削減方法もあります

健康保険の削減

 

まとめ

給料改定の際や昇給、残業する際などに

標準報酬月額の等級の幅を意識することで

会社も従業員も得できるかも

 

お問い合わせ

社会保険についてのお問い合わせを受け付けております。

メールもしくは電話での初回相談は無料!

どんな些細なご相談でも結構です。お気軽にお問い合わせください。

btn_mail_l

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsiru7をフォローしよう!

関連記事

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

専門家にメールで相談しよう

相談回数無制限のメール相談サービスを利用して、困ったこと、悩んだことがあればすぐに専門家に相談できるようにしておきませんか?

メール相談サービス

関連記事



ブログランキング

ピックアップ記事

  1. VALU
    5月31日にサービスを開始以来、インターネット上で結構話題になっているサービスがあります。それは「V…
  2. 携帯電話料金
    総務省の要請でスマホの一括0円や実質0円が1月末で消滅しました。なんでも調査機関まで置いて覆面調査ま…
  3. ポケモンゴー
    ポケモンGOが海外で大ブーム。商店街やお店が流行る例もでてきています。ではどのように活用すれば自店に…
  4. クレジットカードを
    今回は出費の痛みを減らすもう一つの方法としてクレジットカードの活用をご紹介したいと思います。クレジッ…
  5. iPhone6
    HUAWEI WATCHをiPhoneをつなぐ場合一つ大きな弱点があります。(この時計というよりはA…
  6. 岐阜県産品海外販売プロジェクト
    岐阜県産品海外販売プロジェクト海外ECサイトで販売するために必要な商慣習や需要調査、集客、配送、入金…
  7. 自治会名簿
    5月30日に改正個人情報保護法が全面施行されます。今の所これについてあまり話題になっていないようです…
  8. ウォーキングデット
    アメリカで大人気のドラマ「ウォーキング・デッド」には人的資源管理的な要素が散りばめられています。今回…
ページ上部へ戻る