従業員向けマイナンバー研修

マイナンバーセミナー 岐阜

先日従業員向けのマイナンバー研修を初めて行ってきました。

今回はそこで感じたことを記したいと思います。

 

昨年から1月にかけてのべ100か所近くでマイナンバーに関するセミナーを行ってきました。

そのほとんどは経営者向けの対策のセミナーです。

しかし、本当に大事なのは実際に担当される人の教育です。

特に個人情報保護法の対象外で今まで個人情報の概念がそれほどない企業にとっては

本当に重要です。

たとえば、

・FAXで情報のやりとりをしてその書類がそのままFAXに放置されている。

・パソコンにスクリンセーバーをかけていない

・個人情報のファイルが机のファイル入れに入れてある。

これは実際に本当によくある例です。

これらすべて個人情報/マイナンバーの保護上大きな問題となります。

もちろん会社をあげて安全管理措置を行うことは重要ですが

マイナンバー担当者及びその部署の人たちの教育ができていないとすべて無駄です。

簡単に流出してしまいます。

まずは、担当者の教育から始めてください。

なかなか研修等行えないという企業も多いと思います。

その場合、マイナンバー検定や個人情報保護関連の検定の問題集を1周やってみる

それくらいでもぜんぜん違いますのでぜひやってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsiru7をフォローしよう!

関連記事

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. スマートウォッチ
  2. ウォーキング・デッド
  3. セット価格の設定 
  4. 小規模企業共済
  5. 詐欺
  6. 給料アップ
  7. apple
  8. 軽減税率生鮮食品
  9. 補助金申請
ページ上部へ戻る