種苗界2月号に執筆

執筆

種苗界2月号に種苗業界の消費税増税対策について執筆しました。
とうとう消費税増税まで1ヶ月です。
業種にもよりますが、まだまだ駆け込み需要の取り込みのチャンスがあります。
また、反動への備えを行っていく必要があります。
その他にも契約書、請求書、システム、価格表示、資金繰り、
などいろんな面で考えていかなければなりません。
種苗業界の方はもちろんそれ以外の方にもお役にたてる内容と
なっていると思いますのでぜひご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 2018年から積立NISAが始まりそうです。今までのNISAと違い年間で使える金額は減り、…
  2. 紛争
    ここのところ、昨年書いたアリババ(AliExpress)の記事のアクセスがとんでもないことに…
  3. 給料アップ
    前回お話した小規模事業持続化補助金やキャリア助成金と比べるとあまり知られていませんが、条件さえクリア…
  4. 付加年金
    確定拠出年金や国民年金基金、小規模企業共済、ふるさと納税、NISAなどお得な制度はたくさんあります。…
  5. https
    今更ながらですが河合中小企業診断士・社会保険労務士のWEBページをhttps化(常時SSL化)し…
ページ上部へ戻る