携帯電話料金の削減

一括0円

もうビジネスに携帯電話は欠かせないものとなりました。

しかし営業マンすべてに携帯電話を貸与したりすると

その費用だけでも馬鹿になりません。

そこでまず検討していただきたいのは

本当にその社員への携帯電話の貸与が必要なのかの検討です。

ほとんど社内で勤務していてまったく仕事で携帯電話を使う機会の

ない社員にも貸与してる場合が意外におおいです。

まずこの部分を削減するべきです。

次に各キャリアとの交渉です。

そのまま店舗で購入して使ってませんか?

法人契約の場合、びっくりするような大幅割引を引き出せる場合があります。

まず交渉してみてください。

他にも分計サービスというサービスをご存知でしょうか?

これは社員に携帯電話を貸与するのではなく

社員の個人携帯電話をつかってもらい会社の仕事として使った分だけを

会社に請求するというサービスです。

ただこれはいい点もありますが問題点もあります。

まず無料通話がたくさんある場合逆に割高になってしまうこと。

次にセキュリティーの問題です。

このあたりも含めて検討してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でsiru7をフォローしよう!

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る