経費削減はまず現状把握から

さあ、「経費削減しろ!お前が担当者だ」と上から命令が来たとします。

すると担当者の方は「一体どこから手を付けたらいいのだ??」と途方に暮れてしまうと思います。

目についたところから経費削減を始める。というのも一つの方法かもしれません。

しかしあまり効率的とは言えませんよね?行き当たりばったりだと口うるさいやつと思われて

協力も得られなくなってしまいかねません。

この場合、まずするべきことは現状の把握からです。

経理の方と協力してできれば過去3年分の経費データを入手しましょう。部門別、月別で経費の項目別に分類します。

通信費といった大きな括りではなく、携帯電話代、固定電話代など支払い項目別に分けていきます。

そうすることでどの部署がどれだけ経費を使っているのかよくわかると思います。

またどの月によく使われているものなのかも見えてくるはずです。決算期前は追い込みで携帯電話代が増えるとか。

まずはこんな感じで現状の把握をしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

河合正尚岐阜市の中小企業診断士・社会保険労務士

投稿者プロフィール

岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)です。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ500箇所以上、15,000人以上の皆様にお話をさせて頂いております。あと秋田県でセミナーさせていただくと全国制覇です。秋田のみなさまよろしくお願いいたします。

関連記事

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 小規模企業共済
    下記のブログのように2月に申込みをしました小規模企業共済。約2か月が経って共済手帳がようやく届きまし…
  2. 少し前にもブログで書きましたが個人情報保護法が改正されます。https://www.kawa…
  3. LISA
    日本ではNISAや確定拠出年金という制度があります。また2018年からは積立NISAがはじまります。…
  4. キャリアアップ
    非正規労働者のキャリアアップに使えるキャリアアップ助成金が4月から大きく変わりました。いったい、どこ…
  5. 名刺
    4年前の開業時にデザインし、増版を繰り返してきた名刺を在庫切れ&社会保険労務士や1級販売士の…
ページ上部へ戻る