MENU

電報・お花代金を節約

交際費の内、飲食等ではない電報・お花代金の節約について今回は見ていきます。

まず、その電報やお花代が本当に必要なのか?

それをはじめに精査します。

あらかじめ場面や取引先の重要性に応じて出す出さないを設定しておくといいでしょう。

(例:どのレベルの取引先までどの状態までだすのか。開店、移転、結婚式、葬式など。社員も同様)

さらに

ベリーカード

のような大手電報会社以外の電報サービスを検討されるのをおすすめします。

それにより大手の3割程度の費用で収めることが可能となります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

岐阜県岐阜市在住、美濃加茂市出身で岐阜県・愛知県を中心に活動させていただいている経営コンサルタント(中小企業診断士・社会保険労務士)。財務面のみならず、WEBマーケティング、人事、労務、価格改定、管理会計など経営全般の改善を行うコンサルティングを行っている。セミナーでは全国の商工会議所、商工会、中央会、法人会、各種団体、企業様などで、のべ700箇所以上、25,000人以上、47都道府県すべてで登壇実績があり難しい制度をわかりやすく伝えるセミナーには定評がある。また、金融系WEBサイトを新規で立ち上げ、企画から制作、運営まで一人で行い年間1,000万を超えるアクセスを集める人気サイトに育てるなど幅広く活躍している。

目次
閉じる